敏感肌

タイプ別敏感肌

敏感肌

自分で作ってしまう敏感肌に注意

 

化粧品にかぶれやすい、わずかな刺激でも肌に赤みやかゆみが出やすいなどの肌質が敏感肌です。

 

敏感肌に悩む女性は多いのですが、中にはスキンケアに問題があって肌を痛めてしまい、自分で敏感肌を作り出しているケースもあります。

 

そこで、敏感肌の5つのタイプを見てみましょう。

 

1.アレルギー性の敏感肌

いろいろなものにアレルギーがあるを起こしやすい、いわゆるアレルギー体質やアトピー体質で、特にダニや花粉に対するアレルギーを持ちます。生まれつきの敏感肌体質です。

 

2.乾燥性の敏感肌

もともとセラミドが少なくて乾燥しやすい場合、敏感肌になります。

 

脂漏性皮膚炎

最近多い肌トラブルで、肌が角ベタついたり、かさついたりして、とても敏感になります。

 

自分で作ってしまっている敏感肌

オイルクレンジングで長時間こすっている、お手入れの時にコットンで叩いているなど、スキンケアが肌に合っていないのにそれに気づかずに続けてしまい結果として肌を荒らしてしまっているタイプです。本人は原因がわからず、敏感肌だと思ってしまうようです。

 

自称敏感肌

肌は健康で、実質敏感でもないのに敏感肌だと思っている人がいます。

 

誰にでも多少はあるような肌トラブル(小さなニキビ、わずかな赤みやかさつきなど)で心配したり悩んだりし、人から見て肌に何の問題もないのに自分の肌は常に荒れていると思ってしまうようなタイプです。

 

神経質で心配性の人に多く、心配しすぎて化粧品をいろいろ変えたりして、かえって肌を荒らしてしまうこともあるようです。

 

敏感肌対策

ここでは本当の敏感肌であるアレルギー性の敏感肌と乾燥性の敏感肌の対策について考えてみましょう。

 

アレルギー性の敏感肌の対策

アレルギーの原因がはっきりしている場合は、もちろんそれを避けることが必要です。

 

ただし、花粉、ダニ、ホコリなどの避けられないものもあります。

 

その場合は、自分自身の肌や体を丈夫にすることで対処するしかありません。

 

正しいスキンケアを行う、早寝早起きとバランス良い食事を心がける、これらの一見当たり前のことをきちんと行うことで、症状はだいぶ改善することが多いものです。自分の中での悪化因子を探し、対策を考える事も必要です。また、N3系脂肪酸とn6系脂肪酸の摂取バランスなど、アレルギーの発症に関係する因子も見つかりつつありますので、改善してみるのもいい良いでしょ。

 

乾燥性の敏感肌の対策

 

乾燥肌に対するスキンケアが必要です。

 

クレンジングはクリームタイプのソフトなものにして、セラミド配合の美容液をつけましょう。

 

ファンデーションはクリームタイプを使いたくなりますが、余計に肌を乾燥させることがあるのでパウダータイプを使います。

 

体の洗い方も配慮が必要です。

 

ボディソープとナイロンタオルで洗うことはやめ、せっけんと綿タオルにして、背中や胸を中心に洗い.腕や足は毎日石鹸で洗わないようにしましょう。

 

入浴後は尿素配合などのボディークリームを塗ると良いです。

 

また貧血気味だと肌が乾燥しやすくなるので、鉄分を豊富に取りましょう。

 

敏感肌のQ&A

肌が荒れて、何を塗ってもしみる時はどうしたらいいの?

ワセリンだけを塗って、一週間様子を見ましょう。

 

それでも改善しないときは、皮膚科を受診しましょう。

敏感肌で、美白コスメなどを使うとかぶれます。でもシミやシワが心配。お手入れはどうしたらいいの?

ビタミンC誘導体かナイアシンを使ったケアをおすすめします。敏感肌の人でも使いやすく、またひろくいろいろなものに効きます。

 

関連サイト

インクリアは出てくるってマジ!?買う前に読む安心・安全な使い方
シマボシ(Shimaboshi)レストレーションセラムの販売店はどこ?
スパルタックスは洗濯すると伸びる?ダメ加圧シャツなのか真相を調査
乳酸ジンジャーの販売店はどこ?最安値で買える賢い購入法とは?
ホットジェリーウォッシュの販売店はどこ?最安値で買える購入法とは?
ラフィージュエクストラリッチローションの販売店は?50%OFF!
マッスルデリの価格はいくら?理想のカラダになる弁当宅配のコスパは?

page top